月別アーカイブ: 3月 2012

平和について

ほぼ20年ぶりに広島に行ってきました。そして、平和記念館で原爆の悲劇を思い知らされました。わずか3メートル程度の原爆で、半径2キロの範囲が数千度で焼き尽くされたすさまじさ、そして、いまやその何千倍もの威力を持つ水爆が開発されていることを知りました。また、放射能の恐ろしさも改めて思い知りました。そして、原爆が投下された背景には、米国で多額の税金が原爆開発に投入されたため、米国民に納得させるためであった、という政治家の矮小な意識があったということも学びました。私が生きている世界の危うさを改めて考えさせられました。考えたからといって、自分に何ができるのか、よくわからないのですが・・・

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

ひとを巻き込む力としての「ミッション」

NHKの朝ドラ「カーネーション」で、病院から糸子に、病院でのファッションショーの依頼があり、糸子が打合せのために病院に訪れたシーンがあった。その打合せで、糸子は「患者さんもショーに出したい」と申し出するが、会議に出てきた看護士は、理事長などが勝手に決めた面倒なファッションショーなどやりたくなく、さらに患者まで巻き込む面倒さから、反対の一点張り。このときの糸子の対応に驚いた。「お宅は医療の力を信じて仕事をしてます。私は服の力を信じてます。服にはひとを元気にする、すごい力があります。患者さんひとりでも結構ですので、どうかショーに患者さんを出してくれませんでしょうか。このとおりです」と言って、看護士に頭を下げたのだ。そもそも、病院から依頼されたことで、糸子としては文句を言われる筋合いのないことに対し、下げなくてもよい頭を下げる。最近流行の「民意・民意」と大騒ぎして、権力・理屈・議論だけで物事を進める人たちは、不要な衝突を生むが、頭ひとつ下げるだけで、不要なトラブルを起こさずに、ひとを巻き込むこともできるということだ。よほど、人格が練れていないと、こんな芸当はできない。そして、単なる金儲けではなく、いわゆる「ミッション(使命)」として仕事をしているということだ。プロジェクトをどうしても実現し、服の力で患者さんに元気になってもらいたい。「経営理念・ビジョン・ミッション」は、ここ一番の土壇場で力を発揮するものだ。あざやかな、いいシーンだった。

カテゴリー: 経営 | コメントは受け付けていません。

コモディティー化について

以前勤務していた三菱重工神戸造船所で、最後の進水式があったと先日のニュースで見ました。私が所属していた法務部門も、進水式当日は総務の手伝いをしたり、本社原子力のマーケティング担当者のころは、お客様を案内したりしたこともあり、ちょっと懐かく思いました。造船事業自体、厳しい国際競争にさらされ、いくら技術やコストダウンを追求しても、コストが価格に追いつかない状況がずっと続いていた中で、コモディティー化(要するに誰でも作れるような、技術の陳腐化)した製品であるタンカーなどの一般商船で、よくここまで粘ってきたなあ、というのが率直な感想です。利益に厳しい米国のGEであれば、それこそとっくの昔に事業撤退しているはずです。事業撤退というのは、極めて難しい判断です。国際競争、円高など、自社ではコントロールできない外部環境の中で、必死に知恵を絞り、粘りまくったが、「万策尽きた」ということですが、「万策尽きた」という判断が難しいのです。したがって、スピードの速いGEなどは、確保すべき利益率などの基準が数字で明確にあり、撤退を客観的に判断できる基準を持っています。しかし、撤退基準を持てる企業は、新しい事業を立ち上げる力を持っていることが前提であり、撤退したがやることがないという企業は、ズルズルと儲からない事業を必死で継続するしかない、ということなのです。最後の最後まで儲けを吸い取るという「粘り」なのか、他に新しい事業を立ち上げる力がないから「しがみついている」だけなのか?製造業が事業を継続するということの困難さを改めて考えさせられた。

カテゴリー: 経営 | コメントは受け付けていません。

男達のスウィ~ツについて

  昨日、ちょっと甘いものでも家族に買って帰ろうと、梅田の百貨店に行きました。本当はクリの入ったパイを買いたかったのですが、我が家では評判が悪いため、悩んだ末にチーズケーキを買うことにしました。 レジで並んでいると、私の前後の会社員の男性たち(しかも年輩の方)が、一人分だけのスウィーツを手に並んでいました。混んだデパ地下で、自分一人で食べるスウィーツを買うために並ぶ、ネクタイを締めた男たちに挟まれ、「へえ~」と思いました。 独身なのか、単身赴任なのか、理由は分かりませんが、同僚と呑みに行く訳でもなく、家で一人で、コンビにではなく、わざわざデパ地下で購入した、お気に入りのスウィーツを食べる男たち。こういうニーズが存在しているのだ。 たまには家族サービスで、デパ地下でチーズケーキを買ってみるものだ。本当はクリのパイにしたかったけど・・・  

カテゴリー: 経営 | コメントは受け付けていません。

経営診断のご案内

  先日、年に一度の健康診断を受けたところ、ほとんどの検査項目は昨年より改善されていましたが、今まで問題になったことのなかった項目がひとつだけ基準値を超えていました。今まで気にしたことのなかった項目であったので、ネットで調べてみると、食事に気をつけた方がいいことがわかりました。早速その日から食事に注意することにしました。 毎日酒を飲み、食事も別に気にしていなかったのですが、年に一回くらいは健康診断は受けておくものだ、と思います。数字で見せられて、初めて行動を変えようと思うからです。 経営も、定期的に、数字で自社の経営状況を把握し、都度、経営を調整していかなければなりません。問題が小さいうちならつぶせますが、問題が大きくなってからでは遅すぎるからです。多くの経営者が、決算書などの数字は持っていても、そこから課題を読み取ることができません。当事務所では、決算書の分析など経営診断を行い、今後の方向性についてご提案しています。ご興味のある方はお気軽にお問合せ下さい。  

カテゴリー: 経営 | コメントは受け付けていません。