月別アーカイブ: 8月 2011

経営戦略、事業計画(長期・中期・単年度)、マーケティング戦略、バランス・スコア・カード(BSC)の策定支援は大阪のイズミ行政書士・中小企業診断士事務所へ!

会社や事業の規模に関わらず、事業者には戦略や計画が必要です。戦略・計画を持たない場合、いわゆる「成り行き」経営となってしまい、営業面・管理面・財務面など、経営のあらゆる場面で、「エエカゲン」なことになってしまい、結局は、経営が「甘く」なってしまいます。 ごぞんじの通り、甘くて勝ち続けられるほど、世の中甘くはありません。シビアに勝てる勝負をコツコツと拾っていって、そこで儲けた金を、新たな投資など、負ける可能性をゼロにはできないが、魅力的な勝負に金を張る、ということです。つまり、勝てるところでは、徹底的に勝って儲けていかなければ、リスクを取って次の勝負手が打てないのです。 そして、次の勝負手も、徹底的に考え抜き、儲かるシナリオを見極めて動かなければ、失敗するべくして失敗し、後に何も残らない、ということになってしまいます。 まあ、次の一手は、いくらシナリオを考え抜いても、やってみないとわからないところが多分にあり、うまく行かないことが多いのですが、経営者としては、「ここは勝てる」というところまで戦略を煮詰め、少々うまくいかなくても「勝つまでやめない」くらいの「粘り」と「ど根性」が必要だと思います。 つまり、変化し続けているこの世の中で、ずっと勝ち続けるためには、成り行きまかせではなく、「断固とした意志」を経営戦略・事業計画に込めると共に、状況に応じて柔軟に戦略や計画を見直しながら、経営を行うことが大切です。 ある程度の規模の経営者は、経営戦略や事業計画の策定は絶対に必要です。これがないと、経営がブレてしまい、従業員の顔色を伺いながら経営するようなことになってしまうからです。つまり、「甘く」なってしまうのです。 私のような、吹けば飛ぶような事業者でも、年度末には次年度の事業計画を作り、時折眺めながら、計画通り進んでいるのか、どこが計画からズレているのか、そのズレはいい方向なのか悪い方向なのか、など、色々と考え、必要に応じて計画を修正しています。未来へのチャレンジですので、計画通り行かないのが当たり前なのです。経営戦略や事業計画を小難しく考える必要はありません。 イズミ行政書士・中小企業診断士事務所では、経営者の意向、事業者の規模、経営状況などを総合的に判断しながら、事業者の個性に合った経営戦略・事業計画作りを支援しております。お気軽にご相談下さい。初回相談(1時間)は無料です。

カテゴリー: 経営 | コメントは受け付けていません。

経営基礎講座(格安の個別指導の経営塾!365日、24時間受付中!マーケティング超入門、コーチング・リーダーシップ超入門、決算書超入門)

*こんな方にお勧め!・ 経営の基礎について学びたい。・ 何十人も集められたセミナーでは、浅く広くのため、本当に疑問に思ったことや、聞きたいことが聞けない。・ 家庭教師のように個別指導を受けたい。・ ワークショップでの作業や、知らない人と議論をするのがイヤ。 * 講座メニュー・ マーケティング超入門 ・ コーチング / リーダーシップ超入門・ 決算書超入門 * 費用・ 1講座(2時間)2万円!(テキスト代約1000円含む) * 講師泉仁史(中小企業診断士・行政書士) * 場所・ イズミ行政書士・中小企業診断士事務所・地図(http://izumikeiei.com/contact/) * 日時・ (原則)平日18:00~20:00 ・ 空き時間を利用した格安サービスですので、日時は調整させて頂くこととなります。 *注意事項個別指導のため、時には実質的にはコンサルティングになったり、質疑、議論、受講者のご要望、レベルなどにより進捗が異なったりします。したがって、2時間で一通りテキストが終了しないこともありますが、格安でのサービス提供ですので、2時間で終了となります。ご了承下さい。 * お申込み以下のいずれかの方法でお問合せ下さい。・ HPのお問い合せフォーム(http://izumikeiei.com/contact/)・ E-mail (info@izumikeiei.com)

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

契約書の作成について(契約書・英文契約書はイズミ行政書士・中小企業診断士事務所の泉仁史まで!)

契約書についてよく相談を受けます。契約は相手のあることですので、自分の一方的な都合だけでできません。したがって、契約相手との関係(力関係も含む)、この取引で何を目指すのか、どこまでリスクを取れるのか(自社の能力や財務的な体力など)、など、どこまで取引を「緻密」に考え抜いているかで、自社にとって「都合のよい契約書」に持っていけるかどうか、決まります。しかし、「緻密に考える」と言っても、考えるポイントがわからなければ、ウンウンうなって悩んでみても、何も出てきません。 私は、数億円~数千億円規模の原子力・火力発電所の輸出ビジネスで、契約交渉を担当していたことから、極めて困難な利害を、海外の顧客企業・国内外の官公庁・パートナー企業・下請企業・そして社内関係者などと同時並行で調整していき、しかも英文で契約書に織り込むことに、物凄い労力を注いできました。しかも、海外のビッグネームは、こういう交渉に、自分たちの取り分の最低ラインなど、交渉決裂の絶対のルールを持って挑んでくるため、それを受けて立つ当方も、リスクをどこまで受け入れるのか、ギリギリの判断が必要となります。また、契約交渉の力関係も、交渉の進展によって大きく変化し、潮目を的確に読んでいかないと、負けてしまいます。 実はこの手のことは、弁護士がアドバイスできる範疇を超えており、結局のところ、ビジネス判断になってしまうのです。極論すると、契約書は、契約相手とお互いに合意したことを整理するだけの話であり、細かな文言のチェックや裁判管轄がどうこうとか、など、弁護士がいじくる部分は極めて些細な、二の次三の次の話であり(当然、私もこの手のところも対応できますが)、最重要ポイントは、役割分担、金、リスクについて、実際のビジネスの流れの中で具体的に把握し、お互いに、呑める条件と呑めない条件を詰めていく、ということに他ならないのです。例えば、代金の支払時期ひとつ取っても、支払前か後かで、力関係が大きく変わってしまうのです。そのため、プロ同士の契約バトルでは、この力関係の変化にどう対応するのか、知恵を絞ることになる訳です。 日本では、適当な契約書や、契約書なしで仕事をすることが多いのですが、金額の大きい商談や、海外取引の場合、あまり考えずに、相手の申し出を受け入れると、本当に抜けるに抜けられないエグイ状況になってしまうことも、本当によくありますので、プロのサポートを受けることをお勧めします。 お問合せ、初回相談は無料ですので、お気軽にご連絡下さい。

カテゴリー: 契約 | コメントは受け付けていません。

激安の会社設立に注意!(大阪の格安会社設立はイズミ行政書士・中小企業診断士事務所まで)

手数料ゼロや激安で会社設立している税理士事務所をよく見かけます。利用したことのある人に聞くと、事業者の無知につけこみ、税務調査などを引き合いに出して不安をあおり、顧問契約を結ぶように誘導し、結局高くついた、ということもよくあるようです。創業してすぐに税務調査の心配をしなければならないほど儲かるのであれば、顧問契約すればよいと思いますが、創業してすぐに毎月税理士に顧問料を支払わなくてもよいケースも多いと思っています。一昔前の会社は、有限会社で資本金300万円、株式会社で1000万円が最低必要であり、それ相応の「格」というものがあったのですが、いまや資本金1円で設立できるため、個人事業と実質的に同じところが極めて多いのが実情です。個人事業となんら変わらない会社で、毎月顧問料を払ってまで税理士を確保しておく必要がどこまであるのか、正直疑問です。しかし一方で、会社の確定申告は、個人事業と異なり、やはり税理士でないと難しいのも事実です。従って、確定申告の際にお願いできる税理士を探し、その税理士に、最初にパソコンソフトの使い方や領収書の整理方法を教えてもらい、日々の経理事務は自分でやった方がよいとアドバイスするようにしています。私の事務所は会社設立を手数料39,800円でやっています。手数料10万円ほどのところが一般的ですが、手数料ゼロでやっているところもあり、そう考えると39,800円は格安ではあるが、激安とは言えないレベルです。会社設立は、別に行政書士や司法書士に頼まなくても、本を読めば、自分でやれます。しかし、自分でやると定款に貼る印紙税4万円が必要となりますが、我々専門家は電子定款の申請ができるため、印紙税が不要になります。したがって、39,800円は事業者自身でやるよりは安い、という価格レベルです。さらに、私の場合、創業コンサルティングの経験が極めて多いのみならず、自分でも株式会社の経営を行っているため、本を読むだけではわからない会社設立・経営の際のモロモロの留意点も熟知しており、そこを踏まえた定款作りや、コンサルティングができるなど、単なる会社設立手続以上の付加価値を提供しています。また、無理やり顧問契約に引き込むこともありません。しかし一方で、必要書類は当方で作成しますが(1つだけ簡単な書類を事業者ご自身で作成頂くものはありますが)、公証人役場・法務局には事業者自身で行って頂くことにしています(書類の提出や受け取りだけで、別に難しくありません)。事業者の皆様にご足労頂くことで、39,800円でサービスを提供させて頂いています。皆様の経営者人生の記念すべき第一歩を、全力でサポート致しますので、お気軽にお問合せ下さい。(お問合せは無料です!)

カテゴリー: 会社設立 | コメントは受け付けていません。

創業、新規事業立上げのやりがい(経営相談はイズミ行政書士・中小企業診断士事務所 泉仁史まで!)

既存事業が厳しくなって新しい事業を始めたいとか、創業とか、について相談やセミナーを行う場合、杓子定規な経営学だけではなく、ゼロから事業を立ち上げていく困難さを話すようにしている。ビジネスモデルやマーケティングなどについては、経営学では例えば4P(Product、Price、Place、Promotion)など、事象を色々な要素に分解して論じられることが多い。確かにそのとおりではあるのだが、それが本当に儲かる仕組みになるには、個々の要素間の「絶妙な」組み合わせや、「ささいな」ノウハウの蓄積、その人ならではの人脈など、簡単に言葉にできない細かな「サムシング」の積み重ねが絶対に必要である。この「サムシング」は、よく「商才」というような言葉で語られたりする。学問もなにもなしで、道端の物売りから事業を拡大してきたような成功者の話を聞くと、「商才」としかいいようのないものが確実に存在するのだ。ドラッカーやコトラーがいくら経営を細分化して研究してみても、絶対にたどり着くことができない。そして、この「商才」は、事業に対する執念、人を信じたり疑ったりする力、素直さ、あきらめずに考え抜く力、リスクを取る勇気、金に対する大胆さとケチさなど、「人間力」としかいいようのない、その人オリジナルの「個性」に支えられている。そういう意味では、やはり創業してそれなりの規模に事業を導くというのは、誰にでもできるものではない、極めて特別のことだといわざるを得ないのだ。しかし、だからこそ、起業し事業を育て、そして人を育てることは、経営者にとって、人生をかけてチャレンジする価値のあるものになるのだ。

カテゴリー: 起業・創業 | コメントは受け付けていません。